インプラント治療の費用、価格、治療実績にご不安なら、有心会インプラントセンター

メールでのご相談
メールでのご予約
ホーム > インプラントに付帯する治療内容・料金 > プロビジョナルレストレーションの重要性

プロビジョナルレストレーションの重要性

プロビジョナルレストレーションとは、最終人工歯を装着する前に、テスト的にレジン(プラスチック)で試作を行う事をいいます。
修正・削合を 繰り返し行うことで、他の歯に影響がない形へと調整し、埋入されたインプラントを長期安定させる為に非常に重要になってきます。当院ではコミ価格の中に『プロビジョナルレストレーション』が含まれています。
精度の高い噛み合わせ
ジルコニアなどの最終被せ物は、一度形を作ってしまうと多少削る事は出来ても増やす事は出来ません。噛み合わせは本来何度も合わせるものですが、一度削ってし まうと、少し高さが足りなかった際にはもう後戻り出来ず、被せ物をやり直す事になってしまいます。しかしテスト用の被せ物なら、もう一度高さを増やす事が出来ます。

テスト用の被せ物プロビジョナルならちょうど良い噛み合わせを調整して、本歯の精度を高める事が出来ます。
歯茎のラインを作る
歯茎は強い力でインプラント側に押し寄せてきます。つまりインプラントの周りの歯茎の形は、最終被せ物が入るまではプロビジョナル等の仮歯によって作られます。プロビジョナルで最適な歯茎のラインをコントロールします。

歯茎のラインは歯周病に大きく関係します。最終被せ物を綺麗に覆う歯茎のラインを作る事が、インプラントを長く使用する為の大きなポイントにもなります。
インプラントのウォーミングアップの機能
インプラントはチタン製です。チタンは生体に馴染みやすい金属ということでインプラントに採用されていますが、人間の身体から見れば異物である事には変わりありません。顎の骨に完全に定着するまでは慎重に扱う必要があります。そこにいきなり硬い被せ物が入って強い振動がガンガン伝わってしまうと、骨が驚いてしまいインプラントの脱離につながる場合があります。しかしテスト用の被せ物なら振動が軽減されるので、プロビジョナルでの調整期間は顎の骨への慣らし運動の役割も兼ねる事が出来ます。
通常の仮歯との違い
通常の仮歯は最終的な修復物が完成するまでの間、臨時に装着するプラスチックの歯で、見た目をカバーする応急処置的な意味合いが強いものです。それに対しプロビジョナル(プロビジョナルレストレーション)は「プレ(先行して)」「ビジョン(完成を見越した姿を描く)」という言葉が示す通り、最終的な被せ物を想定して入れる被せ物を指します。審美性・清掃性共に満足いく仕上がりを追及するためには欠かすことのできないものですので、使用する事をお勧めします。
有心会のプロビジョナルについて
当院では最終的に満足の形態が得られたプロビジョナルを、一般的な歯科医院の手法である「目で見て似せて作る」と言うのではなく、CADCAMシステムを用いて寸分くるわぬそっくりそのままの形態で削りだし最終被せ物を作ります。ここにも有心会の技術力が生かされています。
インプラント無料相談センター カウンセリング時のCT無料!
  • メールでのご相談はコチラ
  • メールでのご予約はコチラ