インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

歯周病はどのように進む? 進行段階別で覚えておきたい歯周病の症状

歯周病

歯周病はどのように進む? 進行段階別で覚えておきたい歯周病の症状

歯周病はテレビCMなどで目にする機会も多く、口腔内のトラブルとして広く知られるようになりました。そのイメージが先行して「歯周病になると歯茎がひどい炎症を起こす」と思われる方もいるかもしれません。しかし実際の歯周病の進行には、さまざまな症状に応じた3つの段階があるのです。今回は歯周病予防で知っておきたい3つの進行段階について、歯肉の色や状態などの具体的な症状をご紹介します。

歯周病のない健康的な状態ル

まずは健康状態の歯茎について確認しておきましょう。
健康な歯茎は薄いピンク色をしていて、しっかりと歯や歯根を支えているのが分かります。歯と歯の間にある歯肉が引き締まって鋭角的に見えるのが理想的なコンディションです。引き締まった歯茎は歯周ポケットが浅く、歯周病にかかるリスクも低くなります。この状態は日頃から正しいデンタルケアができている証拠だと言えるでしょう。

「軽度歯周炎」では歯茎の腫れや出血などが起こる

比較的症状の軽い歯周病は、歯肉だけに変化が現れているものです。軽度歯周炎は一般的に「歯肉炎」とも呼ばれます。健康な状態では鋭角的に引き締まっている歯の間の歯肉が、赤く腫れるのが特徴です。
軽度歯周炎になると歯磨きの時に出血しやすくなったり、口臭がすることがありますが、自分では気づかず見過ごしてしまうこともあるかもしれません。

「中度歯周炎」に進行すると歯槽骨が溶けてしまうことも

中度歯周炎のポイントは、歯を支えている歯槽骨まで影響が出ていることです。
歯肉のラインが全体的に下がり、歯根が少し露出して、歯が長くなったように見えます。自覚症状としては、冷たい物や熱い物が歯にしみる知覚過敏になったり、食べ物がよく挟まるようになる、といったものが挙げられます。
歯周病菌が歯の根本にある歯槽骨まで到達すると、免疫細胞の作用で骨が溶ける「骨吸収」が起きてしまいます。骨吸収の治療には時間と費用がかかるので、「中度」という名称を侮らず早めに歯周病治療をしておきましょう。

「重度歯周炎」では歯がぐらつき自然に抜けることもある

重度歯周病まで進行してしまうと、歯槽骨が目に見えて露出したり歯周ポケットから出血することも多くなります。
歯のぐらつきも激しくなり、触っただけで歯が動くのも特徴のひとつ。歯全体を支える歯茎が痛んでいるため、放置していると歯が自然に抜け落ちてしまうこともあります。また歯周ポケットが深く・広くなるので、歯垢が溜まりやすくなり、口臭などの自覚症状が現れる方も多い進行段階です。

歯周病はどのように進む? 進行段階別で覚えておきたい歯周病の症状

今回ご紹介した症状は、歯周病を放置してしまった結果現れるものです。歯周病予防では歯茎の色や腫れ具合などの初期症状を見逃さず、日頃からケアすることが大切です。歯磨きやフロスなど毎日のデンタルケアのついでに、歯と歯茎のコンディションを確認する習慣を付けましょう。自分では取り切れない歯石や歯間の汚れは、歯科クリニックのメンテナンスで除去することができます。