インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

知っておきたい! 「女性ホルモン」と「歯周病」の関係

健康

知っておきたい! 「女性ホルモン」と「歯周病」の関係

女性のなかには、歯周病でお悩みの方が多いです。
その理由のひとつとして、女性ホルモンと歯周病の関係が疑われます。
一体、両者にはどのような関係があるのでしょうか。

男性よりも女性のほうが歯周病になるリスクが高い?

男性も女性も歯周病に悩まれている方はいますが、実は女性のほうが女性ホルモンの影響で、歯周病が悪化する可能性が高くなるといわれています。
その理由としては、女性ホルモンの影響で一部の歯周病菌が増えやすくなり、歯周組織の炎症などがひどくなる場合があるためといわれているのです。

ライフステージが変化することで女性ホルモン量も変化する

女性ホルモンは幼少期に始まり、分泌しはじめる思春期、さらに結婚や妊娠出産、そして分泌が少なくなる更年期など、ライフステージが移行する中で、分泌量は変化していきます。
この女性ホルモンが増えたり減ったりする影響を受けて、口内環境も変化し、歯周病菌などの細菌類も増減します。
さらに、月経の周期に伴うように歯茎が腫れたり歯周病が悪化したりする場合もあるようです。

早産のリスクも!? 歯周病と全身疾患の関係

早産のリスクも!? 歯周病と全身疾患の関係</h2>

歯周病菌により口内の歯周病だけにとどまらず、心疾患など全身疾患への影響があるという指摘もされています。

たとえば赤ちゃんが低体重で生まれたり、早産をしたりする危険が高まったりします。
これは、赤ちゃんやあなたの体を守るためになんとか歯周病菌を退治しようと、体が「サイトカイン」という物質を作り出すためとされています。

しかし、これが大切な羊膜にまで作用をしてしまい早産などが起こりやすくなってしまうのです。
妊娠の希望がある方は、体調管理だけでなく歯磨きを徹底し、時には歯医者に通ってクリーニングをしてもらうなど口内の環境改善に努める必要があるでしょう。

気を付けておきたい更年期

女性には女性ホルモンの分泌が少なくなる更年期があります。
更年期に分泌される女性ホルモン量は、20代30代の半分~1/3以下にまで減ってしまいます。
それよりもさらに分泌量が少なくなる閉経後は特に要注意です。

というのも、女性ホルモンの分泌が極端に少なくなることによって、骨粗しょう症になりやすくなったり、歯周組織の炎症を十分に抑制できなくなったりします。
それにより、歯を失う恐れがある歯周病になりやすくなってしまうのです。

女性は男性と比べて歯周病になりやすい分、なりやすい時期に気を配って歯周病のリスクを減らすことが重要になってきます。
定期的に歯科医院に通って、自分の歯の状態をチェックして適切なケアをしてきましょう。