インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

正しい手入れが必要? インプラントを少しでも長く使うには

インプラント

正しい手入れが必要? インプラントを少しでも長く使うには

お口の治療としてインプラント治療を受けている人もいるのではないでしょうか。
インプラントは、簡単に言ってしまえば人工歯根埋め込み治療ということになりますが、治療を受けたらオシマイというわけではありません。
少しでも長く使うためには、正しく手入れをする必要があるのです。

インプラント治療後の正しい手入れ方法とは

インプラントは人工歯根です。そのため、しっかりと手入れをしないと、歯石などが付着してしまい、そこから歯周病になってしまうことも多くあります。
成人になってから歯を失う原因の7割が歯周病とされています。
せっかくインプラント治療を受けても正しく手入れをしなかったために、更に歯を失う事態にもなりかねないのです。

正しい手入れ方法と言っても難しいことはありません。
歯科などに通ったときに正しい歯磨き方法などをしっかりと聞いておくことが重要になります。
基本的には通常の歯磨きで日頃の手入れ方法としては充分なのです。

手入れをしてもインプラントがダメになるケース

基本的な手入れ方法を行なっていても、インプラントが台無しになってしまうこともあります。
インプラント治療の場合、その性質上どうしても顎の骨に触れることになります。
そのため、寝ているときに強い歯ぎしりをするクセがある人の場合、顎の骨に影響してインプラントが安定しなくなることもあるのです。

また、加齢などによって顎の骨が弱まってしまうと、同じようなことが起こる可能性があります。
このような事態を防ぐにはマウスピースなどを使用して、顎への負担を軽減させることがポイントになります。

基本的な手入れでは歯垢が残ることも

テレビCMなどでも紹介されているように、歯と歯茎の間には小さな隙間があります。
インプラント治療を施したとしてもこの隙間を埋めることはできません。

そのため、日頃からしっかりと手入れをしていても、その隙間に歯垢が残ってしまうこともあります。
デンタルフロスなどを使用しても、その隙間の手入れができるわけではありません。

そして、その残った歯垢が原因になって歯茎が弱ってしまったり歯周病になってしまうことで、インプラントが役に立たなくなってしまうこともあるのです。

歯科での定期メンテナンスは必須

歯科での定期メンテナンスは必須

インプラントを少しでも長く使おうとしたら、日頃からの手入れも欠かせませんが、歯科に定期的に通って余計な歯垢や歯石が無いかをチェックしてもらうことも重要です。

また噛みあわせチェックをしてもらうことでインプラントがしっかりと安定しているのかを確認してもらうことも大切です。
「インプラント治療を受けたからもう安心」と油断していると、歯周病になってしまい残っている歯もダメになる可能性が高くなります。
インプラント治療後に歯科に通っていないのでしたら、この機会にぜひ歯科で診察を受けてみることをおすすめします。

歯は一生付き合っていくものですから、定期的にチェックすることが大切です。
いつまでも健康な歯を維持して、食事を楽しんでいきたいものですね。