インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

放置は損! “奥歯のインプラント”は入れ歯よりもメリットがたくさんある

インプラント

放置は損! “奥歯のインプラント”は入れ歯よりもメリットがたくさんある

奥歯が抜けてしまって入れ歯にしたけれど、しっくりこない、着脱が恥ずかしいという声は多いです。かといって歯が抜けたまま放置していると、噛み合わせが悪くなったり、他の健康な歯に悪影響を与えてしまうかもしれません。
今回は入れ歯や、歯が抜けたまま放置している方にも知っていただきたい奥歯にインプラントを入れるメリットをご紹介します。

奥歯が抜けたままだと、噛み合わせが悪化してしまう

奥歯が空いた状態を続けたり、入れ歯がぐらつく状態にあると、他の歯に悪い影響を与えてしまいます。
歯が抜けたまま放置していると、向かい合っていた歯が出っ張ってしまう挺出(ていしゅつ)が起こります。また両隣の歯が傾いたり歯間が寄ってしまうので、他の健康な歯にも影響が出てしまうのです。歯の挺出や歯並びの偏りがあると噛み合わせが悪くなってしまうため、早めの処置が必要です。

奥歯のインプラントをするメリット

●食事が楽しくなり、健康な毎日を過ごせる
奥歯には食べ物をすりつぶす役割があります。骨に直接埋め込むインプラントはぐらつくことが少なく、毎日の食事を快適に過ごせます。入れ歯のようにズレたり、食事の度に丸洗いする手間がありません。
また奥歯を使って食べ物をきちんと噛むことで、胃腸への負担も軽くできます。奥歯のインプラントで全身の健康を守っていくことができるのです。

●顔や歯の若々しさを保てる
インプラントは入れ歯や銀歯よりも自然な見た目なので、老けた印象を与えることが少ないのも特徴です。入れ歯のように外す必要がないので、恥ずかしい思いをすることもなくなります。
左右均等に噛むことができるので、顔の歪みを抑えることもできます。片側の奥歯で噛む癖がつくと、使う筋肉が偏って非対称な顔になってしまうことも珍しくありません。奥歯のインプラントは、噛み合わせを良くして、若々しさを保つためにも一役買ってくれます。

インプラントでは骨の状態も重用

インプラントはボルト状の本体を埋め込むために、顎の骨が健康でしっかりとしている必要があります。糖尿病や骨粗しょう症など骨の病気を患っている方はインプラント治療を受けられないケースも稀にあるのです。そうした場合や具体的な病気でなくても、骨を丈夫にする治療によってインプラントを埋め込めるようになる場合があります。まずはインプラント治療が受けられるかどうか医師と相談してみましょう。

放置は損! “奥歯のインプラント”は入れ歯よりもメリットがたくさんある

歯は楽しい食事や健康な生活を支える、一生モノの財産です。歯の健康は口の中だけの問題ではなく、毎日の食事や見た目の若々しさなど、気持ちの健康にも大きな影響を与えてしまいます。最近では値段を安く抑えられる治療方法もあるため、入れ歯からインプラントに替えた方も多くなっています。奥歯が抜けてしまった方だけでなく、すでに入れ歯を使用している方も、一度インプラントを検討してみてはいかがでしょうか。