インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

ブリッジより治療が難しい「前歯のインプラント」の特徴と3つのメリット

インプラント

ブリッジより治療が難しい「前歯のインプラント」の特徴と3つのメリット

インプラント治療は日常生活で使いやすく治療箇所が目立たないので、近年の義歯治療の中でも特に人気を集めています。他の歯に比べて前歯の治療は難しく、クリニックの治療技術が必要です。今回は治療が難しいとされる前歯のインプラントの特徴と、インプラントが持つ3つの特徴をご紹介します。

前歯のインプラント治療の特徴

●インプラントを支える骨が薄いので、治療に高い技術がいる
前歯はインプラントの土台になる骨が薄く、治療が難しい箇所です。顎骨にはもともと永久歯がしまわれている部分があり、歯が生え変わると空洞ができます。土台が少ない箇所に基部を埋め込むことになるので、前歯のインプラントは技術的に難しい治療です。そのため前歯のインプラントを扱っているクリニックは高い治療技術を持っていると言えます。

●歯周病の影響で歯肉が退縮しやすい
前歯のインプラントは、歯周病による歯肉の「退縮」が起きやすいという特徴があります。
「退縮」とは、歯周病によって歯肉が痩せ、歯肉のラインが乱れてしまうこと。
歯肉の退縮が起こると、本来埋まっていた歯根部分が露出するので、歯が長くなったように見えます。インプラントはもともと歯周病の影響を受けやすいのですが、歯肉の薄い前歯では特に退縮が起こりやすくなるのです。
こういった特徴から、前歯のインプラントを取り扱うクリニックでは、歯肉の移植治療などのアフターケアを行っていることもあります。

前歯のインプラントが持つ3つのメリット

治療が難しい前歯のインプラントが注目されている理由は、他のブリッジ治療などと比較して、生活面でのメリットが多いためです。

●歯のぐらつきが少なく噛みやすい
インプラントは骨に埋め込む治療なので、他の治療法よりも食べ物を噛みやすいメリットがあります。人工の歯を金属クリップで留める義歯(入れ歯)治療は、強い力がかかると取れてしまいます。義歯自体を骨に直接取り付けるインプラントは強い力にも耐えられるため、前歯の治療に適した機能性の高い治療法です。

●前歯の治療で重要な審美性が期待できる
義歯治療は装着する金属クリップが目立ってしまうため、前歯の治療には適しません。インプラントは基部を直接顎骨に埋め込むため、他の義歯治療に比べると金属部分が目立たない特徴があります。
ただし場合によっては、半透明な義歯の表面から金属基部が透けて見えてしまうケースもあります。そうした場合、白い金属を使用したジルコニアアバットメント(接続部)を選ぶことで、より審美性を高めることができるのです。

●他の健康な歯への影響が少ない
インプラント治療は顎骨に基部を埋め込むため、他の健康な歯への影響が少ない治療法です。両隣の歯を橋脚のようにして被せ物を取り付けるブリッジ治療は、健康な歯を削らなければいけません。削った箇所が原因となって、健康な歯が虫歯になってしまうこともあるのです。インプラントは顎骨に独立して装着することができるので、健康な歯を守ることにも繋がります。

ブリッジより治療が難しい「前歯のインプラント」の特徴と3つのメリット

前歯のインプラントは、食事や談笑するときなど毎日の楽しい生活を支えてくれる治療法です。前歯が欠けていたり、歯周病に困っている方は、使いやすく見た目の良い前歯のインプラント治療を試してみてはいかがでしょうか。