神戸,東京,大阪,名古屋のインプラント治療の難症例

インプラント無料カウンセリング ご予約フォーム
インプラント相談 メールで相談する方はこちら
ご感想
有心会のインプラントがなぜ安くても品質が良いのか?
歯周病のおはなし
メディア掲載情報 最近出席したセミナー・学会と内容報告 有心会の求人情報
難症例の治療法
骨誘導再生(GBR)

インプラント埋入手術を安全にかつ長い期間安定させるためには、骨の形が重要な要素となります。具体的には三次元的に診断を行い、骨の「高さ」と「幅」がインプラントに適した形である事が必要とされます。以前は骨の形がインプラントに適した形態でない場合はインプラント治療に適さないと診断していました。しかし近年は積極的に骨の造成手術を行い、適さない形を適した形に手術で整えてからインプラント治療を行うといった治療計画が一般的となりました。

骨が大きく欠損しており、高さおよび幅の形が適切ではないとインプラントを埋入する角度を傾けざるを得ず良好な形態のインプラントの冠を装着できない可能性があります。また高さが足りない場合には、短いインプラントしか埋入できず、長期的に見て、機能負荷が掛かりすぎ、長い期間の安定が得られない可能性が考えられます。

骨を増やす手術では移植するための骨が必要となる事もありますが、当院では身体的負担を考慮して、骨補填材(ネオボーン=人工骨)を使用しております。

骨造成術の一つGBRでは、骨幅が不足している部分に骨補填材を入れ、その上に人工膜をかぶせます。人工膜をかぶせることで、歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。

その後4〜6か月ほど経過を見守り骨の幅を確認してから、インプラントの埋入手術に移ります。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)

上顎臼歯部分の骨の厚みが足りなくて十分な長さのインプラントを埋入できない場合に行う骨の骨造成手術です。この部位の骨は上顎洞と呼ばれる骨の中の空洞があるために十分な厚みの骨が存在しません。インプラントを安全に埋入するためには十分な骨の量が必要なのです。

この空洞の大きさには個人差がありますが、全ての人に存在します。この空洞の大きい人は、結果的に洞の底部が下方に位置するため、インプラントを埋め込む十分な骨量の妨げとなってしまうのです。この空洞の下底部に人工骨を埋入することにより、インプラントを埋入する十分な骨量を確保する手術が上顎洞底挙上術です。

サイナスリフトの説明

ソケットプリザベーション

抜歯後、インプラントをお考えの方は骨がやせる恐れがあります。これによりインプラントが困難になる事がしばしばあります。
そこで当院では、組織再構築の為の抜歯保護材(テルプラグ)を、このように抜歯した穴に補填することで骨のやせを最小限にとどめる事が可能になります。
したがってインプラントをお考えの方は抜歯前に当院へお問い合わせください。

 

最新の治療機器
近年インプラント治療を確実、安全におこなうために、新たなテクニックやそれに伴う手術器具の開発など進化を続けています。イギリスで開発され、インプラント先進国の韓国で早くから臨床に取り入れられて来たピエゾサージェリーを当院では実施しております。
ピエゾ機器を使用したOSCテクニック(韓国 ICOI KOREAにて修得)のメリットは

1)精密で正確な骨切削

2)軟組織を保護

3)骨組織の過熱を最小化

4)痛みの緩和・早期回復

5)ハイクオリティーな骨手術

 

以上より患者様にできる限り苦痛を与えない手術を心がけています。
又、他医院でインプラント不可能と思われた症例にも対応できる事が多くありますので、ご相談下さい!

症例集
case1 通常のインプラントによる治療
 
インプラント埋入後のレントゲン写真 インプラント埋入後の写真
インプラント埋入後のレントゲン写真 インプラント埋入後の写真
 
case2 前歯事故等による欠損に対してインプラントを行った症例
 
前歯事故等による欠損に対してインプラントを行った症例 前歯事故等による欠損に対してインプラントを行った症例
 
前歯事故等による欠損に対してインプラントを行った症例
上部構造(被せるもの)をはずして、メインテナンスも可能です。
 
case3 磁性アタッチメント(磁石のついた入れ歯)を使用したインプラント
 
歯のない下顎の状態 インプラントを埋入した状態
歯のない下顎の状態 インプラントを埋入した状態
 
インプラントを埋入したところに、
磁石のついた入れ歯を装着 磁性アタッチメントデンチャーを
装着したところ
インプラントを埋入したところに、
磁石のついた入れ歯を装着
磁性アタッチメントデンチャーを
装着したところ
   
→愛知製鋼の磁性アタッチメント「マグフィット」を使用しています。マグフィットのホームページはこちら。
case4 オーバーデンチャー
 
 
   
オーバーデンチャーは少数残存歯の抜歯の必要性がある場合や、総入れ歯の浮き上がりを防止したい場合などに適応。
   
case5 GBR(根尖部)
 
インプラントを埋入した状態
 
   
case6 サイナスリフト(上顎洞底挙上術)
 
 
インプラントを埋入したところに、
磁石のついた入れ歯を装着
   
インプラント無料相談センター カウンセリング時のCT無料!
COPYRIGHTS(C)2014 Yusinkai Implant Center All Rights Reserved.