インプラント治療の費用、価格、治療実績にご不安なら、有心会インプラントセンター

メールでのご相談
メールでのご予約
ホーム > インプラント治療とは

治療の流れ

インプラント治療とは

インプラント治療とは
歯を根元から取り戻す治療法

健康でよく噛める歯であるためには、あごの骨に埋まっている「歯の根」の安定が不可欠です。インプラント治療なら、失った歯の役割を歯根から作り直すことが可能。あごの骨に人工の歯根を結合させ根元から安定した歯を作るので、
自分の歯のように違和感のない力強い噛み心地を取り戻すことができます。

チタンが骨と結合する性質を利用した
人体への高い親和性

インプラントの材料には医療でも幅広く取り入れられているチタンを使用します。チタンには、折れた骨が治癒するのと同じように、骨の中に取り込まれて結合し人体の一部として馴染む性質があります。この性質を利用して、根元から失った歯を、自分の歯と同じように根元から取り戻すことが可能となります。

インプラント治療の歴史

インプラントの起源は3世紀

3世紀ごろのヨーロッパでは鉄製の、7世紀ごろの中南米では貝で作られたインプラントが発見されています。
長い歴史の中で、金、エメラルド、サファイヤ、アルミニウムなど様々な素材がインプラントとして使用されてきましたが、どれも長期的な治療効果が乏しいものでした。

骨とチタンの結合を発見

1950年代初頭、スウェーデンの医学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士は、実験中の動物の体内において、チタンと骨の結合を確認。生体と金属との間に親和性は存在しないと考えられていた当時の医学会にとって、常識を覆す歴史的な発見となりました。

ブローネマルク博士

現代インプラントの誕生

その後博士は研究を重ね、オッセオインテグレーションと呼ばれる、チタンと骨の結合メカニズムを解明。歯学者でもあった博士は、この作用を応用したチタン製インプラントによる治療法を開発。骨と結合し長期安定を実現する現在のインプラント治療の基礎を築きました。

オッセオインテグレーション

インプラント治療のメリット・デメリット

治療種類 インプラント ブリッジ 部分入れ歯 総入れ歯
治療方法 インプラント歯を欠損した部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み人工歯を装着します。 ブリッジ欠損した歯の左右隣りの歯を利用し、橋を架けるように人工歯を設置します。 部分入れ歯欠損した歯とその部分の歯ぐきを一体化した部分入れ歯を、隣接する残歯に引っかけて設置します。 総入れ歯歯が全て欠損した顎に、人工の歯ぐきに人工歯を並べた入れ歯を設置します。
治療できる
欠損範囲
1本から全顎まで 健全な歯に隣り合う
1本程度
健全な歯に隣り合う
数本程度
残歯がなく
全て欠損した場合
診療区分 自費診療のみ 保険診療と自費診療の両方
※高機能な治療には、自費治療が必要な場合がございます。
治療期間 最短4ヶ月程度短期間
メリット
  • 自分の歯のように違和感がない
  • 力強く噛める
  • 自分の歯と同じように歯磨きできる
  • 周りの歯に負担をかけない
  • 顎の骨が痩せるのを防ぐ
  • 適切なメインテナンスにより長期間使い続けられる
  • 保険診療が可能で費用負担を抑えられる
  • 作成期間が短いので治療が短期間で終わる
  • 違和感が少ない
  • 保険診療が可能で費用負担を抑えられる
  • 作成期間が短いので治療が短期間で終わる
  • 大きな欠損に有効
  • 健全な歯を削らない
  • 保険診療が可能で費用負担を抑えられる
  • 作成期間が短いので治療が短期間で終わる
  • 幅広い適応症例
  • 自分自身で着脱できる
  • 修理が容易
デメリット
  • 自費診療のため費用の負担が増える
  • インプラントの埋め込みや骨造成が必要な場合、手術が必要
  • 健康状態により治療が受けられない
  • 適切なメインテナンスを怠ればインプラント周囲炎になる場合がある
  • 隣接する健全な歯を削る
  • 隣接する歯の負担が大きい
  • すき間に物が挟まり不衛生になりやすい
  • 隣接する歯の負担が大きい
  • 違和感を生じやすい
  • 保険治療の場合、素材にニオイや汚れが吸着しやすい
  • すき間に物が挟まり不衛生になりやすい
  • 頻繁なお手入れが必要
  • お手入れのために着脱しなければならない
  • 違和感を生じやすい
  • 保険治療の場合、素材にニオイや汚れが吸着しやすい
  • 頻繁なお手入れが必要
  • お手入れのために着脱しなければならない
  • 粘膜を大きく覆ってしまうため味や温度が分かりづらくなる
  • 顎の骨が痩せやすくなり定期的な調整・作り変えが必要
費用 インプラント治療は、クリニックが費用を自由に設定できる自費診療です。手術の難易度、埋入本数などにより、必要な費用が算定されます。 保険適用材料の治療の場合は保険診療の費用で治療可能です。
保険適用外の材料を使用する自費診療では、費用が高額になる場合もあります。
インプラント無料相談センター カウンセリング時のCT無料!
  • メールでのご相談はコチラ
  • メールでのご予約はコチラ