インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

白いできものに要注意? 歯茎にできる「フィステル」の治療法とは

健康

白いできものに要注意? 歯茎にできる「フィステル」の治療法とは

鏡で歯の状態を確認することはありますが、歯茎をしっかりと確認する機会は案外少ないものです。
ここでは歯茎の腫れなどの症状より知られていない、歯茎にあらわれる一般的なできもの、特にフィステルという白いできものついてご紹介します。

歯茎の“できもの”にはどのような種類がある?

歯茎にあらわれるできものには、口内炎・脂肪腫・フィステルなどがあります。
口内炎は白くて丸い形をしており、栄養不足やストレスなどによって免疫力が低下したときなどにできやすくなります。
咀嚼するときなどに痛みを感じるため、自覚しやすいのが特徴です。

脂肪腫は白いポツポツとした脂肪細胞の塊で、稀に歯茎にできることがありますが痛みはありません。
フィステルは通常の歯茎のできものとは少し異なります。
一見できもののようにに見えますが、歯茎の奥のほうに膿が溜まっている状態です。

これは、歯の根の中で炎症が起きることで膿ができます。そしてその膿が行き場を失って歯茎の表面へ出てくるのです。
フィステルには白いものや赤いものがあり、痛みはありません。

フィステルの特徴は?

フィステルは痛みがほとんどないため、歯茎にフィステルができていることに気づきにくいという特徴があります。
また、表面の海の袋は押しても痛みを感じないことが多く、指で押した感触はぷよぷよと柔らかく中に芯や核がないことが分かるでしょう。

フィステルは自然には治りません。
そのまま放置してしまうと口臭の原因となるだけではなく、溜まっている膿が原因となって、アレルギーなどを引き起こす場合があるので注意が必要です。

フィステルの治療法

・感染根管治療(繁殖している細菌を取り除き消毒する)
フィステルの治療には、膿が出る原因そのものに働きかけるものがあります。
細菌が繁殖している歯根に働きかけて、細菌を取り除く治療を感染根管治療と言います。
この治療法は細菌が感染した歯質を取り除いた後、細菌が入らないように根管を消毒して薬を詰めるといった流れで行われます。
しかし感染根管治療後、再度フィステルができるような場合には、根管に細菌が繁殖してしまっているので、歯根端切除術という治療を行う必要があります。

・歯根端切除術(膿を取り除き歯根の先端を切除する)
歯根端切除術は、歯肉と歯根の先に働きかけることで膿と細菌を取り除く治療法です。
まず歯肉を切開して溜まっている膿を取り除き、その後、細菌が繁殖してしまっている歯根の先端を切除して消毒します。
歯根端切除術後、それでも再度フィステルができるような場合には、細菌が繁殖して膿を出す原因となっている歯を抜歯することがあります。

白いできものに要注意? 歯茎にできる「フィステル」の治療法とは

フィステルは、放置しておくと何度も再発して治りにくくなったり、膿が原因で他の病気を発症してしまうなど、さまざまな症状を誘発してしまう恐れがあります。
毎日の歯磨きでは、歯だけではなく歯茎もチェックするようにしましょう。
もし、歯茎の白いできものが気になるような場合は、できるだけ早めに医師に相談することが大切です。