インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

効果的に歯周病予防するには? デンタルフロスの正しい使い方

健康

効果的に歯周病予防するには? デンタルフロスの正しい使い方

丁寧に歯磨きをすることは、虫歯や歯周病の強力な予防方法です。
しかし、歯の形や歯並びによっては、歯ブラシだけで隅々まで綺麗に磨くのは難しい場合がありますよね。
そんなときはデンタルフロスを使うことで、効果的に歯を磨くことができます。
ここではデンタルフロスを使用するメリットや、デンタルフロスの正しい使い方についてご紹介します。

デンタルフロスを使用することのメリット

デンタルフロスを使用するメリットは、歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間の汚れを丁寧に落とすことができる点です。
歯並びが良い場合でも、歯並びには僅かな隙間があるので、どうしてもその部分に歯垢が溜まりやすくなります。

そして、虫歯の多くが歯と歯の間から生じると言われています。
歯に歯垢が残った状態は、虫歯や歯周病の原因となってしまうので、毎日の歯磨きやデンタルフロスで丁寧に歯垢を落すようにしましょう。

歯ブラシによる歯磨きにデンタルフロスを併せて使用することで、歯垢除去率が60%から80%にまで高まると言われています。
歯ブラシのみでケアをしている方であれば、デンタルフロスでのケアをプラスすることで、効果的に虫歯や歯周病予防の対策をとることができるのです。

デンタルフロスの正しい使い方

・ホルダー付きタイプの使い方
デンタルフロスを使い慣れていない方であれば、ホルダー付きのデンタルフロスを使用すると良いでしょう。
まず、ホルダーの根元を持ってフロスを歯と歯の間に当てたら、力を抜いて前後に少しずつ動かしながら、ゆっくりと縦に入れていきます。

歯と歯が密着している部分はコンタクトポイントと呼ばれており、この部分はややフロスが入りにくいかもしれません。
力を入れすぎないように注意しながら、ゆっくりと前後に動かしながらフロスを入れていきましょう。

フロスが入ったら、歯茎を傷つけないように気をつけながら、フロスを歯の側面に当てて、ゆっくりと前後に動かしながら歯垢を取り除いていきます。
今度は、もう片方の歯の側面にフロスを当てて、同じように歯垢を取り除いていきます。
フロスを抜く時は、入れるときと同じように、ゆっくりとフロスを前後に動かしながら抜いでください。

・糸巻き式タイプの使い方
デンタルフロスに慣れてきたら、糸巻き式タイプを使用してみましょう。
まず容器からフロスを取り出して、約40cmの長さで切ります。
次に、デンタルフロスを左手の中指に3回ほどフロス巻きつけた後、右手の中指にも3回ほど巻きつけます。

磨く歯によってはフロスを張る指を変えて磨くようにしましょう。
使いやすい指を以下にご紹介します。
上前歯:左手の親指と右手の人差し指にフロスを張り、指を上向きにして磨きます。
下前歯:両手の人差し指にフロスを張り、指をを下向きにして磨きます。
上奥歯:両手の人差し指に張り、指を上向きにして磨きます。
下奥歯:両手の人差し指に張り、指を下向きに使って磨きます。

フロスの入れ方や磨き方は、ホルダー付きタイプのデンタルフロスのやり方と似ています。
まず、フロスを歯と歯の間に当てたら、力を抜いて前後に動かしながら、斜めに滑らせるように入れていきます。
フロスが入ったら歯の側面にフロスを当てて、ゆっくりと上下に動かしながら歯垢を取り除きましょう。

効果的に歯周病予防するには? デンタルフロスの正しい使い方

デンタルフロスを使い慣れないうちは、時間がかかるかもしれません。
しかし、毎日使用することで次第に慣れて、うまく使いこなせるようになるでしょう。
虫歯や歯周病の予防のためにはデンタルフロスも使用して、より効果的なケアをすることが大切です。