インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

「歯石除去」の効果やメリットについて

健康

「歯石除去」の効果やメリットについて

歯医者での治療後に、歯石の除去を勧められた経験を持つ方も多いのではないでしょうか。
ただ、歯石除去にはどのような効果があるのか知らないと、積極的に受ける気になりませんよね。
今回は歯石除去の効果やメリットについて紹介していきます。

歯石とは?

まず「歯石」とは、口の中の汚れや細菌が唾液中のカルシウムやリンなどの成分と結合し、石のように硬くなってしまったもののこと。
歯ブラシで取れなかった汚れは、付着後2日〜2週間ほどで歯石になってしまうといわれています。

歯石除去がもたらす効果1.「歯周病予防」

歯周病は細菌の感染によって起こる細菌感染症であり、歯石自体は直接の感染症原因ではありません。
しかし、歯石があるとその周りには汚れや細菌が溜まりやすくなり、その場所に細菌が繁殖しやすくなってしまいます。
繁殖した細菌は、歯茎の炎症を悪化させ歯周病のリスクを高めてしまうため、歯石を定期的に除去することは口内環境を整えて歯周病予防するのに効果的です。

歯石除去がもたらす効果2.「口臭予防」

歯石は凸凹があるため汚れがつきやすいもの。
歯石自体には臭いがありませんが、歯石に付く汚れや細菌は口臭の原因になってしまいます。
歯石は普通のブラッシングでは取り除くことができないため、口臭が気になる方は一度歯科で歯石除去をしてもらうのが良いでしょう。
歯石を取り除くことで、口臭の改善や予防効果が期待できます。

歯石除去がもたらす効果3.「本来の歯の白さを取り戻す」

歯石除去がもたらす効果3.「本来の歯の白さを取り戻す」

歯石は白色ではなく薄い黄色のため、歯の表面に付くと歯が黄色くくすんで見えてしまいます。
そのため歯石を取り除くだけでも本来の歯の白さが元に戻り、ワントーン明るく白い歯を取り戻すことができます。

歯石除去がもたらす効果4.「歯茎の引き締め・歯茎の出血の防止」

歯石の周りには汚れや細菌が付きやすいため、口内環境が悪化し歯茎の炎症を引き起こす原因になってしまうこともあります。
歯茎が柔らかく腫れてしまっている場合は、まず根本的な原因である歯石を取ることが大切なポイントです。
さらに、歯石を取った後に正しく丁寧なブラッシングを行うことで、歯茎の引き締めや腫れを収め元に戻してくれる効果を期待できます。

また歯磨きをすると歯茎から出血してしまう場合も、歯石による口内環境の悪化が原因の可能性があります。
このようなケースでも歯石を取り除き正しくブラッシングを行うことで、歯茎の健康を取り戻し出血を改善していくことが期待できます。

歯石をそのままにしておくとどうなるの?

歯石を取らず放っておくと、歯石の周りに汚れが溜まり口内環境が悪くなってしまいます。
これを放置してしまうと、歯茎の炎症や虫歯の原因になることも。
歯茎の炎症や出血は歯肉炎と呼ばれ、悪化することで歯周病・歯槽膿漏になると歯茎が痩せてしまいます。
また更にその症状を放置してしまうと、歯を失う可能性もあります。

このように歯石除去には、さまざまな病気を予防する効果が期待できます。
健康な歯を維持するためにも、定期的に歯石除去を行いましょう。