インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

歯間ブラシとデンタルフロス それぞれの特徴の違い

健康

歯間ブラシとデンタルフロス それぞれの特徴の違い

口内環境を清潔に保つためには、歯磨きが何よりも重要です。しかし歯ブラシのみのデンタルケアでは、歯の隙間の汚れまでしっかり取り除くには不十分。
そこで活躍するのが『歯間ブラシ』と『デンタルフロス』です。
どちらも同じものなのでは?と思うかもしれませんが、それぞれ異なる特徴を持っています。
そこで今回は、歯間ブラシとデンタルフロスの違い、そしてメリットとデメリットについて紹介します。

歯間ブラシとデンタルフロスの違いは?

歯間ブラシは先に小さなブラシが付いていて、歯の根元に差し入れて歯と歯の間の汚れを取り除きます。
歯の形状や隙間の大きさに合わせて、好みのサイズや形を選んで使います。

一方デンタルフロスは柔らかい糸でできていて、必要な分だけ引き出して指に巻きつけ、歯の間の汚れを取り除く用具です。糸ようじとして販売されているものもデンタルフロスの一種です。
大きな違いは「ブラシか糸か」という点にあります。

歯間ブラシのメリット・デメリット

歯間ブラシは先ほどご説明した通り、歯の根元の汚れを取り除くことができる補助用具です。
歯の隙間が大きい人や入れ歯やブリッジなどの治療を行っている人のデンタルケアに有効だというのが大きなメリットとして挙げられます。
歯茎に近い部分を清潔に保つことで、歯周病予防にも役立ちます。
また、汚れをしっかり取り除くことができるというだけでなく、歯ブラシと同様に使用後は洗って乾かしておけば繰り返し使うことができるのもポイント。経済的ということもメリットのひとつです。

デメリットとしてはサイズが合わないと歯茎を傷めたり歯が削れてしまう原因になってしまうこと。自分の歯に合ったものを選ぶのが鉄則です。
ブラシ部分の形状もさまざまですが、中心部分がワイヤーでできているものは間違った使い方をすると歯茎を傷つける可能性もあります。

デンタルフロスのメリット・デメリット

デンタルフロスのメリットは、歯の隙間が狭くてもケア出来るという点にあります。
歯と歯が接している部分は歯ブラシだけでは汚れを取り除くことが難しいですが、デンタルフロスを使うことで接点の汚れを効率的に落とすことが可能です。
デメリットとしては糸を指に巻きつけて使用するため、慣れるまでは磨きづらさを感じるかもしれないこと。手軽にサッと使えることが魅力ですが、使うのに少しコツがいります。
初めて使う場合は、ホルダータイプの糸ようじのほうが使いやすいかもしれません。慣れてきたら、より清掃効果が高いデンタルフロスに切り替えてもいいでしょう。

歯間ブラシとデンタルフロス それぞれの特徴の違い

歯ブラシだけの清掃効果は約65%ほどだと言われていますが、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで約85%まで上げることができます。
しっかりと磨けているつもりでも、歯の間には思っている以上の汚れが溜まっている可能性も否定できません。
正しい歯磨きは虫歯予防、口臭予防、歯周病予防に役立ちます。
自分の歯の形や歯の隙間の大きさに合わせて、歯間ブラシやデンタルフロスを使って口内を清潔に保ちましょう。