インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

インプラントと入れ歯のそれぞれのメリットとデメリット

インプラント

インプラントと入れ歯のそれぞれのメリットとデメリット

インプラントと入れ歯。どちらも無くなってしまった歯の代用となるものです。
一度無くしてしまった歯は、今の医学では元には戻らないため、代用品を使わなければいけません。
歯の代用品というと、現在ではインプラントと入れ歯が主流になっています。
それぞれの特徴、メリットについて紹介していきます。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントは比較的新しい治療法で、まだ保険が適用されていないためコストがかかるというデメリットがありますが、噛む力が変わらないこと、周囲の歯への影響が少ないことなど優れている点もあります。

インプラントは、無くなってしまった歯の部分に人工歯根を埋め込み、その上から被せ物を使用して違和感を減らす方法です。
しっかりと固定されるので、咀嚼力に目立つ変化はありません。

さらに自分の歯に似た色を選べるため、大きな違いが出にくく、インプラントを埋めていることを意識することも少なくてすみます。
治療期間も従来の方法と比較して短いというのも魅力と言えるでしょう。

ただし、外科的処置が必要となりますので、体への負担などは大きくなってしまいます。

入れ歯のメリットとデメリット

インプラントはその特性上、外科的処置を施すために比較的体への負担が大きいといえます。
その点入れ歯の場合は外科的処置も必要ありませんし、保険が適用されますからコスト面でも安心できます。

また、広い範囲で歯が無くなってしまっていても、入れ歯を使用することができるというのも非常に魅力的です。
また必要以上に前後の歯を削ることもありませんので自分の歯を残すことも可能です。

しかし、咀嚼力が弱くなってしまったり、コストを抑えすぎて安価な入れ歯にしてしまうと壊れやすくなってしまうというデメリットもあります。
また、入れ歯の使い始めはどうしても口の中に違和感が出てしまうので、人によってはストレスになるかもしれません。

ただ、非常に実績のある治療方法ですから、誰もが安心して選択することができます。

どちらを選択するかは医師と相談が大切

どちらを選択するかは医師と相談が大切

インプラント治療にせよ、入れ歯を使用するにせよ、それぞれにメリット・デメリットが存在します。
インプラントの場合、顎の骨の状態によっては適用できないこともありますし、入れ歯の場合は保険が適用される分高級な素材を使用するなど選択の幅を広げることができます。

しかし、これらは全て自己判断で選択できるものではありません。
医師の診察を受け、骨の状態や顎の形、年齢や前後の歯の状態、歯周病の有無などによって治療方針の相談をして決められていくのです。
「一部はインプラントで、一部は入れ歯」といった治療方法が適切というケースもあります。

歯の治療は、簡単に行われるものではありませんし、その後の生活にずっと関わってくるものです。
しっかりと担当医と相談して、どちらを選択するのかを決めるようにしましょう。