インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

質や費用はどう違う? 人工歯に使うセラミックの種類と特徴

インプラント

質や費用はどう違う? 人工歯に使うセラミックの種類と特徴

インプラントなどの「人工歯」に使うセラミック素材。
このセラミック素材はいくつか種類があり、それぞれで質(仕上がり)や治療に掛かる費用は異なってきます。
そこで、セラミック素材の種類とそれぞれの特徴を以降でご紹介してきます。

ハイブリットセラミック

セラミックとプラスチックを混ぜた素材の人工歯です。
今回紹介する保険対象外の人工歯の中では、治療に掛かる費用が比較的安く抑えることができます。

また、変色しにくく長く白さを維持出来るのもメリットです。
ただし、オールセラミッククラウンなどの他の人工歯と比べると見た目に透明感を出すことはできませんが歯に近い色に近づけることができます。

また、銀歯やオールセラミックと比べると強度が弱いという特徴もあり、経年劣化により磨り減りが起こりやすいのもデメリットとなります。

メタルボンド

金属フレームの表面にセラミックを焼き付けたタイプの人工歯です。
これは強度が高く変色もし難いというメリットがあります。
ただし、見た目において、ハイブリッドセラミックよりは優れているものの、透明感が無くオールセラミックなどより劣ります。

また、内部の金属が経年劣化により溶け出し、歯が黒ずむリスクもあります。
特に、金属アレルギーの方は注意が必要です。

ジルコニアセラミック

白い非金属の素材(ジルコニア)とセラミックを混ぜた素材の人工歯です。
見た目が白く美しく、かつ強度が最も高いのがメリットです。
強い力を掛けても、割れたり変形するリスクがほぼありません。
ただし、治療に掛かる費用がやや高めなのがデメリットとなります。

オールセラミック

オールセラミック

その名の通り、セラミックのみで作られた人工歯です。
セラミックならではの艶やかな美しさがあり、見た目的には最も優れた人工歯です。
まるで自分の歯の様な自然で美しい仕上がりにできます。

また、変色せず何年経っても美しさを維持する点もメリットです。
ただし、その分治療に掛かる費用が最も高くなります。
また強度にやや難があり、強い力を掛けたりすると割れてしまう恐れがあります。

人工歯の素材は、主に今回ご紹介した4つから選択する形となります。
それぞれでメリット、デメリットがあり一長一短ですので、自分の希望に合ったものを選んでみてください。