インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

インプラント手術ってどれくらい痛いの? 痛みはどれくらい続く?

インプラント

インプラント手術ってどれくらい痛いの? 痛みはどれくらい続く?

インプラント手術を考えているけれど、痛みが心配でなかなか踏み出せない方もいるのではないでしょうか。
そこで、インプラント手術は痛みを伴うのか、痛みはどの程度継続するのかについてご紹介していきます。

インプラント手術はそれほど痛くない

まず、インプラント手術自体はそれほど痛みを伴いません。
インプラント手術は骨に穴をあけていくので物凄い痛みを伴うようなイメージがありますが、手術は麻酔をして行いますので、痛みはほぼ感じません。
歯を抜いた時と同じように、最初の麻酔をする時にチクッと痛みを感じる程度です。

手術後は軽い痛みを伴う

インプラント手術をした後、麻酔が切れてくると2~3日軽い痛みを伴うことがあります。
これも歯を抜いた時と同じように、チクチクとした軽い痛みや違和感を感じる程度です。
ただし、人によっては稀に強い痛みを感じることもあります。
そういった場合は歯科医で痛み止めの薬あるいは再度麻酔をして貰うことで回避できます。

特殊な治療を行った場合

歯の骨が足りない方などがインプラント手術を行う場合、「サイナスリフト」、「ソケットリフト」、「GBR法」といった特殊なインプラント治療を行うことがあります。
こういった治療を行った場合は、インプラント手術後4~5日間は、ややズキズキとした痛みや腫れが継続する場合があります。
もしこれらの治療を行い痛みが酷い場合は、歯科医で痛み止めの薬をもらうか、再度麻酔をして貰う事をおすすめします。

糸を抜く際の痛み

インプラント手術を行って1週間~10程度で、インプラント手術で縫った部分の糸を抜くことになります。
この際に、チクチクとした軽い痛みを伴うことがあります。
糸を抜いた後は通常であれば痛みが継続しませんが、もし継続する場合は痛み止めの薬あるいは、再度麻酔をして貰う事をおすすめします。

その他

その他

その他、稀なケースではありますが、インプラントのサイズが合っていなかった場合などは食事で噛んだ場合などに痛みを伴う事があります。
この場合は歯科医にその旨を伝え、改めて修正手術などを行ってもらう必要があります。
「痛みが増している」「頬がズキズキする」「鼻づまりや鼻から膿がでる」などの症状があった場合はできるだけ早く医師に相談しましょう。

このようにインプラント手術により痛みを伴うケースはいくつかあります。
ですが、いずれのケースでも耐えられないほどの強い痛みとなることは滅多にありません。
また、痛みが強い場合は痛み止め薬や麻酔で対処できますのでご安心ください。