インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

インプラントの「1ピース」と「2ピース」どちらが良いの?

インプラント

インプラントの「1ピース」と「2ピース」どちらが良いの?

インプラントには構造によって「1ピース」と「2ピース」の2つの種類があります。
インプラント手術を受けようと思っている方の中には「一体どちらを選べばいいの?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんね。
1ピースと2ピースそれぞれの特徴についてご紹介します。

インプラントの1ピースと2ピースとは

失った歯の替わりに使うインプラントは、

・人工の歯である上部構造
・人工の葉の土台となるアバットメント
・顎の骨に埋め込むインプラント本体=人工歯根

以上3つのパーツから構成されています。

この構造において、インプラントとアバットメントが一体化しているものを「1ピース」、インプラントとアバットメントの分離ができるものを「2ピース」と呼んで区別しています。

1ピースと2ピースそれぞれの特徴

1ピースと2ピースそれぞれの特徴

それぞれのインプラントには、それぞれ次のようなメリットおよびデメリットがあります。

1ピースのメリット・デメリット
<メリット>
・手術回数が少なく、身体への負担が少ない
・パーツが少なく、費用負担が少ない
・治療期間が比較的短い
・ネジ緩みのリスクがなく、強度が高い
<デメリット>
・顎の骨の厚みによっては適用できない
・手術の方式が一回法に限られる
・インプラントの埋め込んだ方向で、人工の歯の形態が限られてしまう
・トラブル発生時は、インプラントごと撤去が必要になり負担が大きい

2ピースのメリット・デメリット
<メリット>
・ほとんどの人に適用できる
・手術の方式で一回法と二回法を自由に選ぶことができる
・アバットメントや人工歯の選択肢が広い
・強い衝撃を受けた場合のダメージリスクが低い
<デメリット>
・手術回数が多く、身体への負担が大きい
・インプラントのパーツが多く、費用負担が大きい
・手術回数が多く、治療期間が長い
・ネジが緩むリスクがある

2ピースの方がメリットが多い

それぞれのメリット・デメリットを比べると、治療期間や費用面で1ピースの方が良いと考える人もいるかもしれませんが、インプラントはなんといっても安全性や審美性が命です。
2ピースのインプラントは安全性も高く、人工骨の移植を行なう場合などの複雑な症例にも対応できるうえに審美性も高く、多くの歯科医が2ピースを勧めています。

1ピースの方が一般的に強度は高いといわれてはいますが、物を噛む力の範疇においては2ピースに劣ることはありません。
最近の技術革新により2ピースでも治療期間は短縮されているので、長い目で見れば2ピースの方がリスクが低く、安心だと言えるでしょう。

1ピースと2ピース、どちらを選ぶかは考え方次第ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
信頼できる歯科医師の精密検査と診断を受けて自分のお口の状態をしっかり把握したうえで、自分にとって一番いいインプラントを選びましょう。