インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

どんな治療か知りたい! インプラント治療の流れとは?

インプラント

どんな治療か知りたい! インプラント治療の流れとは?

虫歯や歯周病などが原因となって自分の歯を失ってしまった場合、ブリッジや入れ歯を用いる方法の他に、自然な仕上がりで尚且つ自分の歯と同じような噛み心地が可能となる「インプラント治療」があります。

今回は、インプラント治療に興味はあるものの、一体どのような治療なのかが分からなくて不安を感じている方に向けて、インプラント治療の流れについてご紹介していきます。

1. 初診・カウンセリング

インプラント治療を受けるためには、治療が可能であるかどうかの診断が必要です。
基本的には、顎の骨が完成している健康な方であれば治療を受けることが可能ですが、疾患を持つ方や妊娠中の方は、治療を受けられない場合があります。

2. 健康状態などを元にした治療計画

診断の結果、治療が可能な場合には治療計画を立てていきます。
インプラントを埋め込む位置や骨の硬さ、失った歯の数などを見ながら、適切な治療方法を選んでいくのです。

まずは問診を通してこれまでにかかった病気や健康状態などを詳しく確認し、問題がなければ口腔内検査やレントゲン撮影を行い、インプラントを形成するための資料を取っていきます。

3. フィクスチャーを埋め込むための手術を行う

歯を失った部分の顎の骨に、インプラントの歯根にあたる部品のフィクスチャーを埋め込む手術を行います。
この手術は局部麻酔をして行うため、入院の必要はありません。

近年、インプラントに最も多く使用されている素材は、長期間安定的に使用することができる純チタンです。
金属アレルギーがほとんど起きないことで知られている純チタンは、骨との親和性が高く、骨としっかり結合するという特徴を持っています。

4. 抜糸・手術部位の確認を行い治癒期間を設ける

抜糸をして手術部位の確認をした後は、治癒期間になります。
骨の質などによって大きな個人差がありますが、約3ヶ月~6ヶ月の治癒期間を設け、インプラントと骨がしっかりと結合されるのを待ちます。
ある程度の期間が必要となるため、仮歯や一時的な入れ歯を併用することもあります。

5. アバットメント連結のために必要な手術を行う(2回法の場合)

フィクスチャーを埋め込んでいる部分の歯茎を開き、人工歯を取りつけるアバットメントの連結を行います。
アバットメントとは、顎の骨に埋め込んだフィクスチャーと人工歯を繋げる部分です。手術後は、再び歯茎が治るのを待ちます。

ただし、この手術を行うのは2回法の場合のみです。
1回法の場合は、フィクスチャーを埋め込んだ時点で既にアバットメントが連結された状態となっています。

6. 口の中全体の型を取る・人工歯の作製・人工歯の装着

歯茎が治ったら、口の中全体の型を取り人工歯を作製します。
人工歯の形や色などは、治療する方の希望を取り入れながら作成するため心配はありません。
人工歯が完成したら、スクリューやセメントなどでアバットメントに取りつけてインプラント治療の終了です。

7. 定期検診とインプラントのメンテナンスを行う

インプラント治療が終了した後は、インプラントを安定的に使用するために、定期検診とメンテナンスを行っていきましょう。

どんな治療か知りたい! インプラント治療の流れとは?

以上が一般的なインプラント治療の流れです。
見た目が自然である上に、本来の歯に近い状態で食べ物を咀嚼することができるインプラント治療。
治癒期間には個人差がありますが、より自然な歯の状態を希望される方にとって、最適な治療方法かもしれません。