インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

注目の素材!インプラントの素材ジルコニアの特徴とは

インプラント

注目の素材! インプラントの素材ジルコニアの特徴とは

インプラントの魅力は、見た目が自然な仕上がりで、尚且つしっかりと物を噛むことができるところです。

インプラントの人工歯に使われる素材として最もよく知られているものと言えばセラミックですが、実はセラミックには欠けやすいという特徴があります。
そこで近年、人工歯の素材として注目を集めているのが「ジルコニア」です。

ここでは、ジルコニアの特徴を解説しながら、ジルコニアのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

ジルコニアとは?

ジルコニアと聞くと、アクセサリーに使用されている人工ダイヤモンドを思い浮かべる方がいらっしゃると思います。
しかし実はジルコニアは、医療機関で骨の代替素材として使用されているほか、時計やメガネ、包丁など、日常のさまざまな場面でも使用されている素材です。
強度や耐久性に非常に優れ、さらに変色しにくいという特徴を持つことから、インプラント治療にも用いられるようになりました。

ジルコニアを使用するメリット

物を噛むという行為は、生活習慣の中で最も大切な事柄であるため、歯が持つ役割はとても大きいと言えます。
インプラントに用いられる素材によっては、欠けやすかったり、噛む時に違和感があったりと、本来の歯と同じように噛むことが難しい場合があります。

しかし、強度と耐久性に優れたジルコニアなら、固いものでも違和感なくしっかり噛むことができるのです。
また、身体への親和性があるため、悪影響を与える心配がないといったメリットもあります。

ジルコニアにデメリットはある?

注目の素材! インプラントの素材ジルコニアの特徴とは

安全性が高く仕上がりが美しい素材として、インプラントに用いられているジルコニア。
一見何の欠点もないかのように見えますが、いくつかのデメリットがあります。

まず、セラミックと比較すると透明感が少ないため、前歯に使用する際は、セラミックを焼きつけて透明感を出すなどの仕上げが必要となってしまいます。
また、ジルコニアとセラミックはどちらも保険適用外の素材ですが、費用が高く、通常の治療よりも治療費がかかってしまうというデメリットもあるため注意が必要です。

歯は食べ物を体に取り入れる時、最初に接触する大切な期間です。
だからこそ、治療に用いる素材は、安全性に優れ、耐久性があるものを選びたいですよね。
金銭面的なデメリットは多少あるものの、強くて軽く見た目も美しいという特徴があるジルコニアは、より美しく自然な仕上がりを求めている方にとっては最適な素材だと言えるでしょう。