インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

インプラント治療におけるオーバーデンチャーの利点

インプラント

インプラント治療におけるオーバーデンチャーの利点

加齢や歯周病などで歯を失い、入れ歯を利用している人は少なくありません。
入れ歯は洗浄などのメンテナンスに手間がかかるだけでなく、合わない入れ歯を使用することで様々な弊害が生じる可能性があります。
ものがしっかりと噛むことができるオーバーデンチャーインプラントのメリットや種類についてご紹介します。

オーバーデンチャーインプラントとは

オーバーデンチャーインプラントは、顎の骨に埋入したインプラントと呼ばれる金属を埋めて総入れ歯を安定して取り付けることができる土台を装着する治療法です。こうすることで従来の入れ歯よりも強固に入れ歯を固定することが可能になります。
顎の形状や口内の状態は個々人によって異なるため、入れ歯を支えるために必要なインプラントを埋入する微妙な位置や本数が異なります。
総入れ歯の場合は大体2~4本程度のインプラントを埋入することが多いです。

インプラント治療におけるオーバーデンチャーの種類

インプラント治療におけるオーバーデンチャーでは、入れ歯とインプラントを固定するための方法がいくつかあります。
ここではオーソドックスな3つのタイプをご紹介します。

・ボールタイプ
ボールタイプはインプラントの先端がボール状となっており、入れ歯側に装着した器具をアタッチメントにはめこんで固定し使用します。
ボールタイプは従来の入れ歯のように自身で取り外しが可能です。

・バータイプ
埋入したインプラント同士をバーでつなぎ、バーに合う形状の金具を入れ歯側にも取り付けることで、容易にははずれないようにしっかりと固定することができます。

・マグネットタイプ
マグネットタイプは、入れ歯側に埋め込んだ磁石と、インプラント側に接続した金属を引き合わせて入れ歯を固定する方法です。

オーバーデンチャーインプラントを利用するメリット

オーバーデンチャーインプラントを利用するメリット

通常の入れ歯は、喋ったりものを噛んでいる途中でずれやすかったり、加齢に伴い変化する顎や歯茎の形状によって入れ歯を密着させることが難しくなる場合があります。
入れ歯が合わなくなっても適切なメンテナンスを行わないと、入れ歯の使い勝手は悪くなっていく一方です。
オーバーデンチャーインプラントは入歯以上に強度に長けたものなので、入れ歯が外れやすかったり、がたつきを感じやすいという人は、利用することで改善が期待できます。
入れ歯をしっかりと固定することができるようになり、日常のストレスを軽減しやすくなりますよ。

オーバーデンチャーインプラントの利点を最大限に活かすためにも、信頼できる歯科医師の診断を受けよく相談をした上で治療を受けることが大切です。
まずは一度、お近くの歯科医師に相談してみてはいかがでしょうか。