インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

インプラント後の口臭が気になる! 原因は何?

インプラント

インプラント後の口臭が気になる! 原因は何?

インプラントは治療後の見た目が美しいということから、多くの人に選ばれている治療法です。
しかしインプラント治療をした後に、今まで感じることがなかった口臭が気になり始めた、という人は少なくありません。なぜインプラントをしてから口臭が気になるようになってしまったのでしょう。

インプラント後は「磨き残し」が増えがち

インプラントをすると、もともとの歯と義歯のあいだには少なからず段差ができてしまいます。
歯と歯のあいだはインプラントをしていなくても磨き残しが多くなりやすいので、特にプラーク(歯垢)が溜まりやすい場所です。プラークが溜まることで細菌が増殖し、これが口臭の原因となります。
しっかり磨いているつもりでも、磨き方にクセがあったりすると磨き残しが出てしまうことも多いです。特定の場所だけ実は磨けていなかったりすると、プラークのある場所とない場所とで分かれてしまうことも少なくありません。
インプラント治療をする人の多くは、歯磨き習慣がなかったり正しい磨き方ができておらず、口内環境が悪化してしまったことが大きな原因です。
しかし考え方を変えると、「口臭が現れるようになった時は歯磨きを見直すチャンス」とも言えます。歯磨き講習を受けるなどして正しい磨き方を身に着けるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

インプラントの構造の問題

適切な歯磨きをしていても口臭が気になる場合、インプラントの構造が原因かもしれません。噛み合わせのバランスが崩れて歯茎に埋め込まれているネジ部分が緩んでいたり、固定していたセメントが流れ出てしまうこともあります。

接着部分に不備が出るとその隙間から雑菌が入り込むので、口臭が起こるかもしれません。この場合は、もう一度接着し直したり、義歯を作り直す必要があります。どうしても口臭が解決しない場合は、担当医師に相談してみましょう。

インプラント周囲炎になっている可能性も

インプラント周囲炎とは、いわゆる歯周病や歯肉炎のひとつと考えても間違いではありません。歯茎の腫れから始まり、きつい口臭とともに出血などの症状が現れ始めます。
インプラント周囲炎は磨き残しをそのままにしたり、口臭が気になり始めたにもかかわらず何の対処もせず放置することが原因です。
症状が進むとインプラントの隙間から歯茎内に入り込み、インプラントを支えている骨にまで達してしまいます。膿や出血などの症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

インプラント後の口臭が気になる! 原因は何?
インプラント治療は、見た目も美しく噛む力も元の歯と変わらないということが最大の魅力です。しかし「治療をしたから大丈夫」とデンタルケアを怠るのはNGです。
正しいケアを身につけて口内を清潔に保つことができれば、口臭予防にもなりますし虫歯や歯肉炎を予防することにもつながります。
インプラントをしたからこそ、今一度自分の歯のケアを見直してみてはいかがでしょうか。