インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

しっかり噛めないと老後が心配? 歯が大切な理由とは

生活

しっかり噛めないと老後が心配? 歯が大切な理由

人間の歯は食事だけでなく、会話をするときでもなくてはならないものです。
歯の重要性については多くの人が理解していると思いますが、それでも十分に手入れができているとは言えない状況があります。

中には手入れしているつもりで終わってしまって、専門家からみるとほとんど手入れができていない人もいるので注意が必要です。
歯の健康を維持することができれば、さまざまな病気の予防や肉体的衰えの防止に役立つと言われるようになってきていますので、早い段階から口腔内のケアに力を入れるようにしましょう。

ここでは、口腔内のケアの重要性とケア方法についてご紹介していきます。

噛むことで得られる効果

ある調査では、歯が残っている高齢者や自分に合った入れ歯を使用している高齢者と、歯がほとんどない人では認知症の発生割合や転倒リスクに大きな差が出ています。
歯が残っている場合や自分に合った入れ歯をしている際には、食事の際も力を入れる際にもしっかりと噛むことができます。

特に食事の際にはしっかりと噛むことができると、唾液の分泌が促され消化が良くなりますし、噛む刺激によって脳が活性化されると言われています。
脳への刺激は認知症発症を遅らせることになりますし、食いしばることで運動機能が向上し転倒防止にもつながります。

逆に噛めなくなると、食事の幅も狭まってきますし、唾液の分泌量の減少、脳への刺激の低下など認知症や老化へのリスクが圧倒的に高まります。

歯も歯茎も衰える

高齢になっても噛む力を残すためには、日ごろからの口腔ケアが非常に重要です。
歯や歯茎は年齢とともに衰えていきます。

例え健康な人であっても歯はエナメル質が薄くなりますし、歯茎は薄くなり痩せていきます。
年齢を重ねるにしたがって、どうしても虫歯になりやすくなったり、歯が抜けやすくなったりしていくのです。

そのため、虫歯予防や歯肉炎などの予防を早い段階から行い、なるべく歯が削れないように、歯茎がやせ細らないようにケアする必要があります。

どうやってケアすればいいの?

どうやってケアすればいいの?

まず大事なのは、定期的に歯科を受診し口腔内をチェックしてもらうようにしましょう。
若くて健康な時は年に1~2回で十分ですが、年齢を重ねてきたら歯科医に相談しながら受診頻度を決めていきましょう。
そして、正しい歯磨きの仕方を教えてもらい実践することが大切です。

また、歯の健康は歯磨きだけでなく、日常生活の中でも予防できます。
例えば、食事をする際に噛む回数を意識的に増やして唾液の分泌を促進したり、うがいをする回数を増やして口腔内の保湿や雑菌の除去を行ったりすることで十分に効果が期待できます。

また、食事前に唾液腺のマッサージや口腔体操などを行うことも効果が高いと言われています。

いずれも1つ1つには時間がかかりませんので、ちょっと意識して習慣化するとお口の健康が保たれるはずですよ。
口の中を適切にケアして、歯や歯茎を健康的に保つだけでなく、脳を活性化させていきましょう。