インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

虫歯と歯周病の違いと歯を失ったときの対処法

生活

虫歯と歯周病の違いと歯を失ったときの対処法

歯を失う原因は、「虫歯」と「歯周病」が約8割を占めているのをご存知でしょうか?
ここでは、虫歯、歯周病それぞれの特徴から歯を失うに至る経緯、また歯を失った場合の対処法についてご紹介していきます。

虫歯によって歯が失われる

「虫歯」というのは、歯に住み着いた虫歯菌が酸を出し、歯を徐々に溶かしていく症状のこと。
虫歯を放置すると、虫歯菌が徐々に歯の内部まで浸透していき、歯を駄目にしていきます。

とはいうものの、虫歯が進行しても歯が自然に全て無くなってしまったり、歯が折れてしまうことは極めて稀です。

ではなぜ虫歯で歯を失うことになるのでしょうか? それは、ある程度虫歯が進行してしまうと治療困難になってしまって抜歯をするしか方法が無くなってしまうからです。
虫歯の進行度合いは5段階(C0~C4)に分けられており、軽度の虫歯であれば抜歯の必要はありませんが、C3、C4まで進行した虫歯ですと治療困難となり抜歯されるケースがあります。

また、これまで何度も虫歯~治療~再発を繰り返していた歯も、段階とは関係なく抜歯されることもあります。
幼児~30歳程度までで歯を失う方の大半は、この虫歯が原因となることが多いです。

歯周病によって歯が失われる

歯やプラークに住み着いた歯周病菌が、歯の周りの歯ぐきや骨を溶かしていく症状を「歯周病」といいます。
歯周病を放置すると、歯が曲がったり強烈な痛みなどを患い、歯を抜歯しなければならない事態にまで追い込まれることがあります。
また放置していると、歯がぐらついていき自然に抜け落ちてしまうこともあります。

これらが歯周病で歯を失う原因と過程です。
歯周病は免疫力の低下と共に進行しやすくなるため、歳を重ねる毎に歯周病のリスクが高くなり、悪化もしやすくなります。

実際に30歳以降で歯を失う方の大半は、この歯周病が原因であることが多いです。

歯を失ってしまった場合の対処法

歯を失ってしまった場合の対処法

もし歯を失ってしまった場合は、歯そのものを再生することはできません。
このため、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの手段で対処していくことになります。
入れ歯、ブリッジ、インプラントはいずれも擬似的な歯を装着する治療法ですそれぞれで、見た目や噛み応え、費用などが変わってきますので、自身に希望に合ったものを選ぶことになります。

事故などで歯を失う場合もありますが、歯を失う原因の大半は今回紹介した「虫歯」あるいは「歯周病」です。
どちらも誰にでも起こりうる身近な歯の病気ですので、歯を失わないためにも虫歯、歯周病の日々の予防を欠かさないようにましょう。