インプラント治療をお探しなら有心会インプラントセンター

インプラントの無料相談はこちらから
インプラントの予備知識

歯を失うと認知症リスクが高くなる! 原因や対処法

生活

歯を失うと認知症リスクが高くなる! 原因や対処法

2003年に厚労省研究班より、愛知県在住の65歳以上の健常者を対象に4年にわたって調査が行われました。
調査内容は4年の間に「認知症の認定を受けたかどうか」というものです。
調査結果をひも解くと「歯が殆ど残っておらず義歯である」「噛む力が弱い」「かかりつけの歯科医がない」といった方は認知症の発症リスクが高いことが分かったのです。

特に「歯が殆ど残っておらず義歯も使用していない人は、20本以上歯が残っている人よりも1.9倍も認知症リスクが高まる」という研究結果が出ました。

では、なぜ歯を失うことが、認知症の発症につながるのでしょうか。

歯と脳の関係とは

歯と脳の関係とは

どうして歯を失うことで認知症のリスクが高まってしまうのでしょうか。
それは歯と脳に深い関係性があるからです。
例えば東北大学の研究結果では、「認知症と診断されていない人は平均して14.9本の歯が残っているが、認知症の疑いがある人の歯の残存数が9.4本である」と発表されています。

また、アルツハイマー型認知症の原因ではないかとされている物質に「アミロイドβ蛋白」があります。
広島大学で行われた、物をよく噛むマウスと元々歯が無く柔らかい物のみを食べるマウスを比較した研究では、歯の無いマウス大脳皮質にアミロイドβ蛋白の沈着があったのです。

それだけでなく老人斑を多数発症した上、海馬の細胞数が減少したとの結果が出ました。
海馬とは記憶や学習能力に関わりのある部分であるので、物をあまり噛まない・噛めないことが海馬の働きを衰えさせてしまうのです。

噛むことで脳は刺激を受ける

認知症のリスクを抑えて予防をするには一体どうすればいいか、それは「よく噛んで脳に刺激を与える」ことです。
歯は、食べ物をすり潰し細かくして飲み込みやすくするという役割だけではありません。
歯の噛み合わせによる刺激が、歯の根元にある歯根膜より脳へと伝達されるのです。
刺激を受けるのは主に記憶力や思考力、意欲力、そして運動や感覚を司る部位であり、これが「脳の活性化」に繋がるのです。

歯の治療やインプラント、入れ歯も重要

本物の歯でないと脳の活性化に繋がらないのかと問われれば、答えは「いいえ」です。
奥歯を削った上でその部分をセメントで修復したマウスによる実験結果では、本物の歯ではないが「正常な歯を持つマウスと同程度の記憶力まで回復した」のです。

また、歯の治療をして噛み合わせを正常化するだけではなく、インプラントを入れる、入れ歯を使用するといった場合でも、脳の活性化に繋がります。
つまり本物の歯が抜けてしまい歯根膜を失ってしまっても、元々の歯に代わる物を使用することで十分に認知症リスクを減らせるのです。

認知症の発症リスクを減らす為に大事なのは、「毎日しっかりと噛むこと」です。
噛むという行為を意識的に実行することが、日々脳の活性化につながるのです。
歯のある内に食事やガム等で噛むことを癖づけ、認知症のリスクを低下させましょう。